モール出店VS自社ECの行方

楽天市場やヤフーショッピングなどに出店しているショップの売上が、

ある一定ラインを超えてくると、

これらのモールに支払っているマージンがどうしようもなくもったいなく感じてきます。

 

そこで登場するのが、

 

自社ECサイトを作ってはどうか

 

という話題です。

 

 

『カート付きASPサーバーをレンタルして、

オリジナルのショップを構築すれば、モールに高額な家賃(出店料・マージン)を払うことなく

効率的に販売することができるのではないか。』

 

というご相談をよくいただくのですが、

 

実は、ここには落とし穴がありまして。。。

 

 

ショッピングモールは、高い家賃や手数料を支払うかわりに、

「購買を目的としたお客様」を大量に集客してくれています。

 

これを自社で行うとなるとどうなるか・・・・・・

 

 

・・・・・・・・ゾッとします(ブルブルッ)

 

 

最近のASPは非常に扱いやすい管理画面が搭載されている場合がほとんどなので、

ショップ構築や運営自体は全く問題ないのですが、

 

 

そうなんです。

 

 

オープンだけしていても、そのショップの来店者はゼロになってしまうんです。。。

 

 

 

 

実は、モールへ支払いしていた手数料よりも、

もっと高額の費用がSEO対策やWEB広告に必要なのです。

 

 

人通りの無いひっそりとした場所でお店を出している状態と、

一等地でお店を出す場合、客足はどれだけ違うのか。

 

容易に想像できると思います(汗)

 

 

 

また、ポータルサイトでSEO対策を行っても、

検索するユーザーは、購買が目的でない場合がほとんどで

とても効率が悪いのです。。。

 

よほどお店に知名度があるか、リピーターを獲得し顧客リストを確保しているか、

または資金が潤沢な場合でないと、とんでもない失敗に終わります。

 

 

ただ、楽天市場店やヤフーショッピング店のサブ店舗、

あるいはブランディング目的の店舗としての構築は大賛成です。

 

制約の少ない自社EC店舗を構築することによって、

自由な販促を行い、自社ECへ来店してくれたお客様へ特別な

おもてなしをするなどとっても素敵ですし、お客様も喜んでくれる事なので、

長期的な売上向上にも役立つと思います。

 

 

どちらにせよ自社ECですぐに儲けるゾ!などとは思わずに、

あくまで、補助的な役割で、長期的な目的の為に展開するのがよろしいのではないでしょうか。

 

 

番外編:

楽天2号店などの構築も企画からお手伝いさせていただいております。

お気軽にお問い合わせくださいね!